番組構成師 [ izumatsu ] の部屋

イラクの一地方都市・ファルージャを地上から消し去らんばかりの猛烈な攻撃。

しかし、アメリカ軍はその主要な目的である「イラク・アルカイダ機構」のザルカウィ幹部を
拘束することに失敗したと発表した。

「ザルカウィ幹部、米攻撃前に逃亡か 米司令官が会見」(asahi.com)

アメリカ軍を主体としたイラク多国籍軍の司令官によれば、
同幹部が逃走したのはファルージャ封鎖の前らしいとのこと。

なにやってんねん!
アリん子一匹逃がさない、万全の体制を組んだはずやないのか?
その「失敗した」作戦で死んだイラクの人も、若い米兵もいるんやぞ。
みんな死に損、殺され損か?

取り逃がした側は、拘束作戦をイラク全土に広げていくとも発表した。
ということは、ファルージャでの猛烈な戦闘を他の地域でもやるということか?

いや、もう、相手の反撃があって初めて成り立つ“戦闘”状態ではないんじゃないか。
アメリカ軍の重量火器による一方的な猛爆。イラクの人たちはなすすべがない。

ファルージャは、普段、人口30万ほどの都市だそうだ。
それが、アメリカ軍の総攻撃を前に、ほとんどの市民が街から逃げ去った。

「残っているのはテロリスト。民間人の犠牲は非常に少ない」

そんな言い方を現場の指揮者はしているらしい。
人の命が失われた、犠牲というその多寡で作戦の善し悪しをはかる軍人の思考・・・・わからん。

30万もの市民が家を捨てて逃げなければならなかったそもそもの原因はなんなのか。
ファルージャを戦地としか見ない米兵は、そんな思いを自らに問いかける余裕などないだろうけど。

アメリカ軍+イラク軍は、今回の掃討作戦を「アル・ファジュル」、アラビア語で「夜明け」と名付けた。
どうして今回はアラビア語なのやら。イラク軍に敬意を表してか。

爆裂する砲弾、飛び散る家屋、その陰で今も消え去っているかもしれない命。
そんな、人の命が横たわる向こうに「夜明け」なんぞ、見えるものか。

人を殺すに過ぎない戦闘に「夜明け」と名付けるセンス・・・・・わからん。

現地の指揮官はファルージャでの戦闘が「ベトナム以来の大市街戦になる」と兵士に気合いを入れたそうだ。

アメリカはベトナムに学んだんじゃないのか?

市民の反抗心は力で抑え込むことはできないと。
真の自由を求めるうねりは市民の側からしか生まれないと。

膨大な犠牲の果てに、その真実に気づいたはずだったのに。
アメリカは、三歩歩くとすべて忘れるニワトリとなってしまったのか?

わからん・・・・・。

しかし・・・・・・、

ザルカウィ幹部は本当に“逃亡”したのだろうか。
アメリカ側は、彼がファルージャを去るまで待っていたんじゃないか。
彼がいなくなったことを確認し、攻撃に踏み切ったんじゃないか。

そんな思いが浮かんでしまう。

もうしばらく泳いでいてもらった方が、「世界に平和をもたらす強いアメリカ」を演出できるし。

どれが事実で、なにが真実なのやら。

あぁ、自分の思考もよくわからなくなってきた。

関連記事
スポンサーサイト



こんにちは

わたしも先ほどニュースを見ながら「ザルカウィが居なくなったのに何しているの?」と思っていました。
ベトナムの北爆と同じですね
テロの根絶を叫びながらテロの連鎖を引き起こすようなことしかしないアメリカ・・・

ブッシュ再選で「自分のやってきたことは国民も世界も支持しているんだ」と過信しているのかもしれません
高慢な「正義」は恐ろしいです・・・

2004.11.10 18:22 URL | nonkey37 #79D/WHSg [ 編集 ]

★nonkey37さん

>こんにちは

はい、こんちはぁ。お元気ですか?

>わたしも先ほどニュースを見ながら「ザルカウィが居なくなったのに何しているの?」と思っていました。
>ベトナムの北爆と同じですね

徹底的に叩きつぶすのが闘いの真髄らしいですから。
しっぺ返しの大きさを忘れたみたいですね。

>テロの根絶を叫びながらテロの連鎖を引き起こすようなことしかしないアメリカ・・・

「憎しみの連鎖」という言い方をしますけど、
どこかで断ち切らなければダメですよね。
断ち切る勇気がアメリカには(日本にも)ないんです。残念ですね。

>ブッシュ再選で「自分のやってきたことは国民も世界も支持しているんだ」と過信しているのかもしれません
>高慢な「正義」は恐ろしいです・・・

反対する人が投票した人の半数近く、5千万人以上いたのに、
「勝った」って喜べるというのもスゴイです。
二者択一は独善的になりやすいのかもしれませんねぇ。


2004.11.10 18:40 URL | izumatsu #79D/WHSg [ 編集 ]

izumatsu先輩、こんばんは。

ファルージャ市民は「ザルカウィなんていないんだ」と
国連のアナン事務総長宛に書簡を送っていますよね。
本当にアメリカは何を考えているんだろうと思います。
もともとテロリストがいようがいるまいが攻撃するつもりだったのでは?
戦火をイラク全土に広げたいがための口実だったのでは?
考えれば考えるほどワケわからなくなります。
でも現実に殺された人たちがいる。
この人たちの命をどう思っているのでしょう?
殺し合いからは何も生まれないって、
そろそろわかってもいい頃なんじゃないのかな。
それともそれさえわかって戦争を仕掛けている?
確信犯アメリカ?

2004.11.10 23:30 URL | うるとびーず #79D/WHSg [ 編集 ]

こんばんは。

私はずっと米軍の空爆は事態を悪化させるだけではないかと思ってきました。
ファルージャの攻撃は、いくら何でもこんなことするかなという、信じられない思いです。

引用されていたニュースの、この部分を読んで腹が立ちました。

>ザルカウィ幹部はそれ以前に逃亡した可能性があるという。
>このため、拘束作戦をイラク全土に広げて行うという。

これまで米軍は民家を空爆しては、ザルカウィのグループがいるからと言って来ました。ということはザルカウィの情報を持っていなければおかしいはずです。
それが「逃亡したかもしれない」と言うのは絶対におかしいです。
それなのに小泉さんは、「支持する」と言います。
作戦のことは全く報告も受けていなくて、今後の計画もわからないと認めているのに「支持する」ってどういうことかと思います。

2004.11.11 00:18 URL | 柳はみどり #79D/WHSg [ 編集 ]

★うるとびーずさん

>izumatsu先輩、こんばんは。

はぁ~い、お元気ですかぁ?

>ファルージャ市民は「ザルカウィなんていないんだ」と
>国連のアナン事務総長宛に書簡を送っていますよね。
>本当にアメリカは何を考えているんだろうと思います。

「テロリストを支持するヤツらの言うことなど信用できん」ってとこでしょうか。
「強いアメリカ」を見せつけようとしているんでしょうね。
強くても、信用も信頼も失ったらなんにもならんと思うんですけど。

>もともとテロリストがいようがいるまいが攻撃するつもりだったのでは?
>戦火をイラク全土に広げたいがための口実だったのでは?
>考えれば考えるほどワケわからなくなります。

口実だったんじゃないかと思わざるを得ないような推移です。
イラクという国を完全に配下に置き、
今はアラブ諸国に握られている原油市場を我がものにしたい。
そんな風にしか思えないですね。

>でも現実に殺された人たちがいる。
>この人たちの命をどう思っているのでしょう?
>殺し合いからは何も生まれないって、
>そろそろわかってもいい頃なんじゃないのかな。
>それともそれさえわかって戦争を仕掛けている?
>確信犯アメリカ?

絶対「確信犯」でしょう。
イギリスから清教徒が逃れてきて以来、誰かの命を奪いつつ、出来上がった国ですから。
闘いからは学べないんじゃないすかね?
「あのとき、こうすれば、勝てた」てな感じでは学習するかもしれませんけど。

でも、「アメリカ」という国の名前でまとめられてしまうアメリカ人もお気の毒。
イラクでの暴挙に反対している人も多いでしょうに。

2004.11.11 07:59 URL | izumatsu #79D/WHSg [ 編集 ]

★柳はみどりさん

>こんばんは。

はい、お変わりありませんか?

>私はずっと米軍の空爆は事態を悪化させるだけではないかと思ってきました。
>ファルージャの攻撃は、いくら何でもこんなことするかなという、信じられない思いです。

ほんと、街を消し去ろうとしているとしか思えませんね。
武力ではまさっていることは最初からわかっていること。
でも、武力だけでは闘いは勝ち抜けないことも歴史が証明しているんですけどね。

>引用されていたニュースの、この部分を読んで腹が立ちました。

>>ザルカウィ幹部はそれ以前に逃亡した可能性があるという。
>>このため、拘束作戦をイラク全土に広げて行うという。
>これまで米軍は民家を空爆しては、ザルカウィのグループがいるからと言って来ました。ということはザルカウィの情報を持っていなければおかしいはずです。
>それが「逃亡したかもしれない」と言うのは絶対におかしいです。

その記事、ぼくも自分の目を疑いました。
「街にはいない。失敗したから、作戦を全土に広げる」・・・信じがたいですね。
6月から始まった本格的なファルージャ攻撃。
やっぱり、イラクという国を牛耳るための口実だったとしか思えません。

>それなのに小泉さんは、「支持する」と言います。
>作戦のことは全く報告も受けていなくて、今後の計画もわからないと認めているのに「支持する」ってどういうことかと思います。

小泉さんは、ことに最近、言うことが紋切り型というか居直り型というか、
「なにが悪い!」という思いが透けて見えますね。
内閣支持率も50%をこえたことですし、自信満々なんじゃないでしょうか。

愛は盲目と言いますが、小泉さんのアメリカへの愛も献身的だなぁと思います。
ぼくらもそうだと他国の人は思っているでしょう。困りますね。

2004.11.11 08:07 URL | izumatsu #79D/WHSg [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://izumatsu.blog.fc2.com/tb.php/293-21a85f67