番組構成師 [ izumatsu ] の部屋

一日、床の中。昼には寝てるのに飽きたけど、縦になると周囲が回る。
なんで直立二本足歩行なんか選んだのかなぁ。地面に平行だと楽なのに。
今日から編集。結局行けなかった。自己管理の甘さを大反省。遅いけど。
処方薬は抗生物質と、定番の総合感冒剤PL顆粒。
「カゼに効くのは休養だけ」とお医者さん。それを言っちゃあおしまいよ。
しかし、確かにぼくにできるのは、静かにしておくことだけだ。
熱が出るのは免疫細胞がカゼ菌と闘っている証。
免疫君が優勢なのか、夕方には熱も下がってきた。
約束破り、信用ガタ落ち。明日は編集に立ち合うぞぉ。
関連記事
スポンサーサイト



当方もいつもこの時期、必ず風邪引きます。スケジュール<闘争>。
でも今年は自ら実験的に、事前にまじめにホメオパシー飲んで、引いたけど軽くて済んだ。やったぜ。応用できそう。

寒がりじいちゃんばあちゃん相手の稼業やってると、11月に入ると早々と暖房ON。一日中乾燥してるから、まず眼からやられるかんじ。起業祭あたりに毎年、熱発、ダウンすれすれ。それでも仕事は休みません。というか、休まずにこれまでは来れました。でももうこの年齢あたりが限界やろうね。

いつか39度くらいの状態で咳しながら仕事してたら、80歳位のばあちゃんに「伝染さんでくださいね」といわれた。
それで次の日、そのばあちゃんがマスクして現れて、
「先生にやっぱり伝染されたけね」なんて冗談いってた。ホントに微熱あり。

それからバッタリ姿見せず。
10日ほどしてばあちゃんの玄関に「忌中」の張り紙が・・・と別の患者さんから聞く。

「Mさん、確かひとり暮らしだったよな・・・」。数日間、自分のせいで感染した、そのせいでもしかして突然・・・うぅぅぅ。なんて決めつけて、なんとも言いしれぬ罪悪感に苛まれておりました。
Mさんと同じ町内の患者さんたちに事の真相をきくわけにもゆかず、数日が過ぎ。
なんと、ばったり、Mばあちゃん、登場。

わが眼を疑ったがやはり、正真正銘ご本人。
「ホームに入いっとった義理の母さんが亡くなったっちゃ。まだばたばたしとるたい」。らしい。
義理のお母さんは享年99歳とのことでした。なるほど。

いやほんと、肝が冷えたぜ。
やっぱり、どんな稼業であれコンディションは大切に、ね。教訓。
お大事に。

2004.11.21 19:25 URL | ゲリ・ビイツ #79D/WHSg [ 編集 ]

★ゲリ・ビイツさん

お久しぶり~っ! お元気ですか?

>今年は自ら実験的に、事前にまじめにホメオパシー飲んで、引いたけど軽くて済んだ。やったぜ。応用できそう。

なんすか、それ? 免疫増強剤?
ぼくは黒酢を飲んでます、が、カゼには関係ないかねぇ。

>起業祭あたりに毎年、熱発、ダウンすれすれ。それでも仕事は休みません。というか、休まずにこれまでは来れました。でももうこの年齢あたりが限界やろうね。

起業祭!! 懐かしか~。天地真理のステージ、企業祭で見たんだったなぁ。
しかし、おばあ相手に体を使う仕事ってのは大変でんな。
「こっちこそ体のケア、して欲しい」てな感じでしょうな。

>いつか39度くらいの状態で咳しながら仕事してたら、80歳位のばあちゃんに「伝染さんでくださいね」といわれた。

そんな体温で他人の体、扱っちゃいかんがね。
体の「寝なさい」サインには素直に従いましょう。

>義理のお母さんは享年99歳とのことでした。なるほど。
>いやほんと、肝が冷えたぜ。
>やっぱり、どんな稼業であれコンディションは大切に、ね。教訓。

懺悔の日々をおくらずにすんでよかったっすねぇ。
院内感染を起こさぬように、ご自分の体調も十二分にお気をつけくださいませね。

>お大事に。

へい、ありがとうござります。


2004.11.24 22:18 URL | izumatsu #79D/WHSg [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://izumatsu.blog.fc2.com/tb.php/303-b42692d9