番組構成師 [ izumatsu ] の部屋

♪今日のBGM=Felix Cavalier 『Dreams in Motion』


ネコ助が吐いた。

ネコは、なめた毛をそのまま飲み込んだりして、よく吐く。
去年、19歳の長寿をまっとうしたヒマラヤンのネコ助は、「おぇっ、おぇ~っ」と頭蓋骨がにゅるりんと飛び出しそうな大口をあけては、けっと毛玉を吐いていた。

だから、慣れているはずなのだが、今のネコ助は去年の6月に登場してから一度も吐いたことがないので、ちょいとびっくり。
毛が短いヤツだから毛玉にならないのかなぁと思っていたのだが。

でも、吐いたのは毛玉じゃないようだ。
まぁ、けろりとして走り回ったり、寒くなって立てたばかりのふすまによじ登ったりしているから、平気の平左なんだろうけど。

うちの家系はものすっごく心配性で、自分でイヤになることがよくある。
ネコ助がちょろりと吐いたくらいで心配なのだから、子どもでもいようものなら大変だったろうな。

その昔、ぼくがまだ幼稚園児くらいの頃、お袋は早足で買い物をしていたらしい。
留守の間にぼくが帰ってきたらどうしようか。それが心配なのだ。

その息子がまた心配性の泣き虫ときてるから、始末が悪い。

遠くに子どもの泣き声がこだまする。

 あぁ、帰ってきちゃった。

買い物かごをぶらさげた早足が、駆け足に。
鉄橋の前の角を左に曲がるとだらだら登り坂。
その頂点で、黄色いバッグを肩からはすにかけた子どもが泣いている。
ダッシュ!

 ごめんね、ごめんね。

 どうして謝ってんだろ?

泣き虫小僧は、悪いことをしたような、奇妙な感覚にとらわれて、泣きやむタイミングを逸し、泣き続ける。

--------------------------------------------------------


もう20年以上前のこと。仕事をやめて、ぶらぶらしていた頃。

中学時代の友人の家に泊まりに行った。
そいつはもう結婚していて、子どもも生まれていた。

その家は、一階が四畳半一間と台所と風呂、洗面所。二階が六畳間一間。
四角い、ほんとに昔の徳用マッチを立てたような家。
同じ作りの家が何件か並んでいて、おもちゃの街角みたいだった。

友人のカミさんも学生時代からの顔見知りだったので、夜は食いつつ飲んだ。
友人はあまり飲めないが、カミさんはウワバミ。飲めど飲めど、尽きることがない。

それでもいつしか座は開け、四畳半は飲み散らかしたそのままに、二階の六畳間に友人夫婦と生まれて3ヵ月くらいの赤ん坊が寝る。
するともう横になるスペースがない。

友人宅には布団がひと組しかなく、ぼくは寝袋にもぐり込み、階段の踊り場で丸まった。


何時頃だろう。赤ん坊の泣き声で目が覚めた。
ひと組の布団に、川の字になっていたはずの親子3人は、父親は敷き布団から落ち、母親は掛け布団を丸め抱きしめ、強烈ないびき合戦をやっていた。

両親に背を向けられた赤ん坊は、どこにそんな大声をためていたのかと思えるほどの、ほとんど叫び声で泣いている。

寝袋からはいでてはみたものの、赤ん坊というものに接したことのないぼくは、なにをどうしたものかわからず小悪魔のような叫び声におびえるばかり。
その両親は、父親を蹴飛ばそうが、母親の布団をはごうが、一切かまわず高いびき。
それはそうだ。あんなに飲んだんだもの。
こっちも酔っている真っ最中。

あら、なにやら気持ち悪くなってきた。
こりゃいかん。赤ん坊なんぞにかかわってはおれん。

とは言うものの、やっぱり気になる。

うんちもしっこもしてないぞ。どこか痛いんじゃないだろうか?
手遅れになったらどうしよう?

またも、おろおろ。

--------------------------------------------------------


気がつくと、体を六畳間に、頭を踊り場に、ぼくは寝ていた。
赤ん坊の相手に疲れ、寝袋に戻ろうとして力尽きたのか。

もう日は高く、カーテン越しに昼の日差しが射し込んでいた。

目を覚ましたカミさんに夜中の出来事を話すと、ひと言、

「ほっとけば泣きやむわよ」

母は強し。


その赤ん坊、今や大学4年生となり、なにやら研究がしたいから大学院へ行きたいらしい。

生まれて数ヶ月目に20代なかばのお兄さんをその泣き声でおろおろさせたことなど、まったく、記憶の片隅にさえないだろう。

そうやって赤ん坊は子どもに、少年に、青年になって行き、青年は壮年となり、昔を懐かしむことを覚える。

--------------------------------------------------------


一昨日、赤ん坊の父親と飲んだ。

人当たりのよさや優しさは中学時代そのまま。体は横へと三回りほど大きくなった。

美少年の紅顔には笑いじわが刻まれ、艶を失いかけている。
でも、きちんと生活をしてきた人間の、好ましい顔だ。

ぼくのお袋はこの友人がお気に入りで、今はどうしてるかとよく尋ねる。
今年の夏、ひさしぶりに家を訪ねてくれた時は、泣かんばかりの喜びようだった。

 会えてよかったぁ。

ぼくの友人関係に関しては、もう思い残すことはない、そんな感じで、安堵のため息を何度もついた。


あのね、あいつ、年末あたりに、また来るみたいよ。

番組構成師の部屋

関連記事
スポンサーサイト



先代の大物ネコ・チビ君はかっぽんかっぽんとポンプみたいな音をたててたなあ。
小柄なヒナはもうちょっと静かです。

ログインしてると、書き込む時既に「お名前」欄に自分のハンドルが入ってますな。
楽天みたいに大きなシステムになると、人によって使ってるサーバが違うと思うんだけど、izumatsu殿のここ、やっぱりサーバの調子が悪いみたいよ。
昨夜アクセスログの表示がおかしくなってた。

2003.11.18 00:14 URL | 幻泉館 主人 #79D/WHSg [ 編集 ]

★幻泉館 主人さん
>楽天みたいに大きなシステムになると、人によって使
>ってるサーバが違うと思うんだけど、izumatsu殿のこ
>こ、やっぱりサーバの調子が悪いみたいよ。
>昨夜アクセスログの表示がおかしくなってた。

あら、そぉ? ちゃんと動いてくれればいいや。
ここのカウンターって自分もカウントするのね。
なんて、ようやくわかったわたくしなのでした。
掲示板に書き込むと「掲示板に戻ります」みたいなページが出るでしょ。あれに皆さま、なにやら書き込んでるけど、その方法もまだよ~わからんのだった。
まぁ、わたくしの場合、文字が書けて、読めれば、まずは充分に役目を果たしていただいてるわけだけど。


-----

2003.11.18 00:31 URL | izumatsu #79D/WHSg [ 編集 ]

こんにちは!
ゲー関連の話でごめんなさい。

家のモモちゃん、ある程度のお年になってからは
いわゆるカリカリをまったく受けつけなくなってしまいました。
そう、モモちゃんの身体は拒否してるのに、
モモちゃん自身はそれに気づかないのか何なのか、
どこかお外でカリカリを食べてはうちでゲーしてる。
それをうっかり踏んづけちゃうこともしばしばなんです。(泣)
うちではやわらかい缶詰ご飯しかあげてないんですけどね~。
そろそろ学習してほしいものです。

ところで、書き込みありがとう画面(私はそう呼んでます)は
ログインしたしたときの編集画面の左側にある
「掲示板設定」というところでいろいろいじれるんですよ。
文章入れたり、画像を入れたり。
お時間のあるときにでもやってみてね~。

2003.11.18 15:59 URL | うるとびーず #79D/WHSg [ 編集 ]

izumatsuさん、もうちゃんとわかってるんじゃないですか!
大変失礼いたしました。(ペコリ)

2003.11.18 16:00 URL | うるとびーず #79D/WHSg [ 編集 ]

★うるとびーずさん
>izumatsuさん、もうちゃんとわかってるんじゃないですか!
>大変失礼いたしました。(ペコリ)

いえいえ、ほんのさっきわかったばっかりでございますよ。
お心遣い、ありがとうございます。

ところでネコ助ですが、できるだけ固いものを食べさせた方がいいそうですね。
でも、うるとびーずさんちのモモちゃんは結構ご高齢だから、柔らかい方がいいかも。
うちのネコ助は、まだ柔らかい食べ物を知りません。
ほんのちょこっとだけやるサンマとかサバくらいかな。

-----

2003.11.18 17:13 URL | izumatsu #79D/WHSg [ 編集 ]

ご来訪ありがとうございました!

>頭蓋骨がにゅるりんと飛び出しそうな大口をあけて・・・

そのカンジ、分かります。
うちも先代と先々代がヒマラヤンでした~。

2003.11.18 23:50 URL | 夏見還 #79D/WHSg [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://izumatsu.blog.fc2.com/tb.php/35-0291b362