番組構成師 [ izumatsu ] の部屋


『ムーブ2005』 という、九州・山口・沖縄で流れる30分番組がある。この地区のJNN系列(キー局はTBS)8局が持ち回りで作るドキュメンタリー番組だ。こうした番組がブロックネットという形でレギュラー番組化しているのは、全国でも珍しい。

ぼくはこの番組をほぼ毎週、見ているのだが、先日、次回の番組を担当したディレクター氏と少し話をする機会があった(立ち話だけど)。

番組の内容は、「中国残留日本人孤児の妻の連れ子が『実子と偽って入国した』という理由で国から強制退去処分された事件」(一度読んだだけでは理解しきれないが)を中心に、家族における血縁とはなにか、数奇な運命を負った家族を生み出したものはなにか、そして、その生みの親であり、ふたたび家族を引き離そうとする国とはなにかということを追っている(のではないかと思う。これは立ち話から得たぼくの想像)。

詳しくはこちら → 「井上家の裁判~中国残留孤児家族に強制退去の危機~」


夫の、父の祖国である日本で家族一緒に暮らすには、裁判で勝ち抜いていく必要があるらしい。が、入国管理局はなにをやっていたのか? いや、なんのためにあるのか? 法務大臣が在留特別許可を認めなかったのはなぜなのか? 疑問がいっぱいわいてくる。

福岡高等裁判所の判決は3月7日に言い渡された。その結果も当番組に反映されているはず。


ぼくはこの番組の制作にはなんら絡んではいないのだが、きちっとした番組を作るディレクター氏でもあるし、興味深い内容のでお知らせする次第。


番組の放送日時は以下の通り。各局バラバラなのがちょっと残念。

・RKB 3月13日(日) 24:40 ・MBC 3月14日(月) 11:00

・RBC 3月14日(月) 25:26 ・TYS 3月14日(月) 26:05

・RKK 3月16日(水) 25:50 ・NBC 3月17日(木) 25:50

・OBS 3月19日(土) 07:00 ・MRT 3月19日(土) 06:00


関連記事
スポンサーサイト



こんばんは。
入試が全て終わり、結果はさておき、ほっと一息ついております。 

昨晩は、プロレスリングNOAH中継を裏撮りしながら、ムーブ2005を見ました。
第1審で不当判決を受け、「何もいらないから、おじいちゃんたちと一緒に暮らしたい」と泣き崩れた当時15歳の少女の姿が、何とも言えず悲しい印象に残っております、
「妻の子供は私の子供」と仰っていましたが、本当にそのとおりだと思うわけで、元来血は繋がっていなくても[心の絆]的つながりがあるのが家族なのであって、今日、血が繋がっていてもとても家族と呼べない連中がいる中で、本来の家族の意味とは何なのか、と。
まあ、そもそもこういった問題を裁判に持ち込んでしか解決するすべを持たない、というかそれ以外の策を講じようともしない日本政府が悪いわけで。
3年間もかけないと、3年間も家族を苦しめないと出せない結論なのか?と。正直、判決理由の「国の権利の濫用…」だとかいう理屈はどうだっていいじゃないか、家族だから一緒に暮らす、それだけの事じゃないか。
私も一日本人として、情けないというか申し訳ないというか、早い話がやりきれない気持ちになりましたね。

…と、ガキなりにいろんなことを考えた30分、大いに有意義な番組でありました。

薫る

2005.03.14 21:09 URL | 格闘王 #79D/WHSg [ 編集 ]

連続投稿すみませんm(_ _)mペコリ

そんなこんなで、私はここぞとばかりだらだらとテレビを見ていたわけでありますが、丁度ムーブ2005の前は他局でドキュメントを見ておりました。何でも所謂「ニート」の話でしたが…。現在、ニートは52万人いて、なおも増加中とのこと。ドキュメントの主人公的な人間が2人いて、男と女だったわけですが。男の方は集中して見なかったのですが、もう1人の女のほうに腹が立ちまして。20歳にもなって、60歳を越えた母親に会社勤め以外にバイトをさせて、仕送りさせて、自分は散々怠けて好き勝手やって。で、行き着いた先がAVの仕事とは…。笑わせんなですよ、全く。何が「今から労働するのかと思うと労働している時間が勿体無い」だ!と。テメーがぐうたらやってる時間の方がよっぽど勿体無いんだバカヤロー!!(小島聡風)

何だか、アレですね。俺もまだガキですけど、逆に奴らと歳が近い分、逆に尚更腹が立つ部分もあるのです。言葉は悪いですが、奴ら、ゴミ以下!! だなと感じました。

ま、俺は絶対そうならんぞ、と思いましたね。

2005.03.14 21:25 URL | 薫る格闘王 #79D/WHSg [ 編集 ]

★格闘王さん

>こんばんは。

ほい、いらっしゃい。

>入試が全て終わり、結果はさておき、ほっと一息ついております。 
>昨晩は、プロレスリングNOAH中継を裏撮りしながら、ムーブ2005を見ました。
>第1審で不当判決を受け、「何もいらないから、おじいちゃんたちと一緒に暮らしたい」と泣き崩れた当時15歳の少女の姿が、何とも言えず悲しい印象に残っております、

普通の、当然と思える願いがかなわないというのはつらいことだと思います。
普段は「願い」だと思ってないようなことを「願っている」人はいるわけですね。

>「妻の子供は私の子供」と仰っていましたが、本当にそのとおりだと思うわけで、元来血は繋がっていなくても[心の絆]的つながりがあるのが家族なのであって、今日、血が繋がっていてもとても家族と呼べない連中がいる中で、本来の家族の意味とは何なのか、と。

「血は水よりも濃い」とは言うものの、その濃さで解消しようとしてもムリな場合もあるわけで。“家族”という共同幻想は大切だけど、その根拠が「血」である必要はナイすね。

>3年間もかけないと、3年間も家族を苦しめないと出せない結論なのか?と。正直、判決理由の「国の権利の濫用…」だとかいう理屈はどうだっていいじゃないか、家族だから一緒に暮らす、それだけの事じゃないか。
>私も一日本人として、情けないというか申し訳ないというか、早い話がやりきれない気持ちになりましたね。

「放っておいたらどんどんガイジンが日本へやってくる。ニホンジンの働く場がなくなる。どうするんだ!」と思っている人たちもいるわけで。国としての日本は、そう思う人たちの方に近いわけですね。日本は今も単一民族国家じゃないですが、これ以上の多民族国家にしたくないってことかしら?

2005.03.15 17:22 URL | izumatsu #79D/WHSg [ 編集 ]

★薫る格闘王さん

>連続投稿すみませんm(_ _)mペコリ

いえいえ、どういたしまして。

>丁度ムーブ2005の前は他局でドキュメントを見ておりました。何でも所謂「ニート」の話でしたが…。現在、ニートは52万人いて、なおも増加中とのこと。ドキュメントの主人公的な人間が2人いて、男と女だったわけですが。男の方は集中して見なかったのですが、もう1人の女のほうに腹が立ちまして。20歳にもなって、60歳を越えた母親に会社勤め以外にバイトをさせて、仕送りさせて、自分は散々怠けて好き勝手やって。で、行き着いた先がAVの仕事とは…。笑わせんなですよ、全く。何が「今から労働するのかと思うと労働している時間が勿体無い」だ!と。テメーがぐうたらやってる時間の方がよっぽど勿体無いんだバカヤロー!!(小島聡風)

まぁね。数が増えると問題になりますが、「ニート」的な生き方をする人間は昔からいたんですよね。でも、「ニート」と、お母さんに仕送りさせてる女の子ってのは違うんじゃないでしょうかね?
80過ぎた父親に借金を返しに歩かせたおやじを知ってますが、そんなタイプでありましょう。

>何だか、アレですね。俺もまだガキですけど、逆に奴らと歳が近い分、逆に尚更腹が立つ部分もあるのです。言葉は悪いですが、奴ら、ゴミ以下!! だなと感じました。
>ま、俺は絶対そうならんぞ、と思いましたね。

そう遠くないうちに痛い目をみるのは本人。人間誰しも一度は痛い目に合わないと学習しないんですよ。
痛い目に合ったとき、すでに遅し的なこともあるでありましょう。
それでもいいと思ってるのかもしれませんけどね。

2005.03.15 17:30 URL | izumatsu #79D/WHSg [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://izumatsu.blog.fc2.com/tb.php/401-8ca2dc51