番組構成師 [ izumatsu ] の部屋


中学時代の友人が、息子を連れてやってきた。

夏の休暇を利用し、関西からフェリーで鹿児島へ。バイクにふたり乗りしつつ、九州西岸を天草、長崎と北上し、昼過ぎに我が家へやってきた。

友人はぼくの母の大のお気に入りなので、朝から、

「まだ、来ないの? 何してるの?」

と、うるさい。我が子も、そして自我が芽生えてきた孫もあまり相手にしない中、友人だけがちゃんと話を聞いてくれる相手なのだ。まぁ、親の繰り言めいた話にきちんと耳を傾ける子どもというのはあまりいないだろうけど。母には「冷たいヤツ」と言われるぼくも、他のお母さまたちのお話はちゃんと聞くのだ。

やってきた友人は、腕の先とヒジから上が白く、その間がこげ茶という、妙な日焼け。手袋をし、長そでをまくって運転してきたから。後ろに乗り、ナビゲーター役を務める次男坊は、色白のいい男。今年、はたちになるという。

しかし、夏休みにオヤジとふたり乗りの旅とは。仲のいい親子である。

ぼくらが次男坊の年代のころ、同じように友人とバイクにふたり乗りして関西から九州まで走ったことを思い出した。あの時は、河川敷やゴルフ場のグリーンなどで野宿だったけど、今回はちゃんと旅館や国民宿舎に泊まったそうな。親子で野宿というわけにもいかんか。

想い出は頭の中で前後の入れ替えがきく。野宿しつつ、友人と旅をしたのはつい最近のように思えるのだけれど、元気に話す次男坊のはつらつさや、泣かんばかりに応える母の老いを見ていると、やはり四半世紀以上の時は長いと感じる。


母は大喜びで、ほとんどひとりでしゃべっていた。

2時間ほど話したあと、お墓の掃除をしに行くと言う友人に母は、

「なんでね、今、来たばかりじゃないの! ふたりとも昼寝して行き」

と、困らせた。

帰り際、友人の次男坊に、名前と通っている大学とその専攻、さらには大学の住所まで手帳に書いてもらって悦に入った母は、

「よか孫ができたぁ」

と、喜んだ。


短い語らいのあと、友人と次男坊は、バイクを駆って去っていった。ぼくが彼とふたり乗りで走ったバイクは125cc。それが今は1リッターをこす真っ赤なイタリア車、ドゥカッティにかわっていた。


父と子の勇姿


安全運転、しろよ。




関連記事
スポンサーサイト



ほんと、仲良し親子ですね。
実は私、この期に及んでバイクの免許とろうかと思ってんですけど、無謀ですかねー。
周りのバイク乗りたちが誘うんですよぅ。
まさに四十の手習い(若干過ぎてますけど)なんだけど。

2005.08.18 10:21 URL | なおニン #79D/WHSg [ 編集 ]

ああ こういうのっていいなあ^^
うちの息子も、父親とこんな風に仲良しの旅をするようになるといいのですが・・・
夫は若かりし頃 埼玉~広島間を自転車で走ったロードレーサーなので、「そろそろ息子と一緒にサイクリングしたいなあ」と時々言います。
「息子と旅をする」って、男親の楽しみなんでしょうね^^♪

2005.08.18 15:45 URL | nonkey37 #79D/WHSg [ 編集 ]

★なおニンさん

>ほんと、仲良し親子ですね。

ほんに。今どき希有なほど仲良しでした。

>実は私、この期に及んでバイクの免許とろうかと思ってんですけど、無謀ですかねー。
>周りのバイク乗りたちが誘うんですよぅ。
>まさに四十の手習い(若干過ぎてますけど)なんだけど。

お! いいんじゃないすか!!
四十の手習いだから、じっくり習熟しつつとれると思いますよ。
友人が言うには、年輩(失礼)になってから乗るのは大型の方がいいそうです。走っている時に安定しているらしいですね。

がんばってくだはい!

2005.08.18 16:35 URL | izumatsu #79D/WHSg [ 編集 ]

★nonkey37さん
>ああ こういうのっていいなあ^^
>うちの息子も、父親とこんな風に仲良しの旅をするようになるといいのですが・・・

はたち前後で父親と仲良しという方が珍しいかもしれませんね。
息子からすると父親は何かと煙たい存在ですから。

>夫は若かりし頃 埼玉~広島間を自転車で走ったロードレーサーなので、「そろそろ息子と一緒にサイクリングしたいなあ」と時々言います。
>「息子と旅をする」って、男親の楽しみなんでしょうね^^♪

お~、長距離ロードレーサー! こりゃまたヨカですね。今もご健脚?
バイクは乗ってるだけですけど、自転車は自分でこがねばならんですから、若い衆にはちょっときついかもしれませんね。

夢の実現をカゲながらお祈りしております。

2005.08.18 16:39 URL | izumatsu #79D/WHSg [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://izumatsu.blog.fc2.com/tb.php/539-1a73c4d1