番組構成師 [ izumatsu ] の部屋

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |

以前、沖縄の小さな島が自衛隊誘致に揺れたことがある(今も揺れているはず)。

町議会が満場一致で自衛隊誘致を決めた。島にお金を落としてくれるだろうというのが、誘致の表だった理由。それに対して住民たちは反対運動を起こし、町の集会所に全議員を呼び、議会の意向を問いつめた。そして、自衛隊誘致の白紙撤回を勝ち取った。

そのごたごたには、カゲの大物みたいな70がらみのおじさんがいて、

「自衛隊を誘致しとかないと、中国が攻めてきたときにどうしますか!」

なんてことを言い、一部議員をあおり立てていく。ちょうど中国の潜水艦らしきモノが沖縄の海を横切ったあとだったから、その言葉はいっそう効果的。話を聞いた議員は「なるほど、そうだ」と感心し、誘致で地元にカネが落ちるという甘い言葉に「一石二鳥、三鳥だ」と歓喜する。黒幕は、してやったり、とほくそ笑む。

こんなオヤジを「平和ボケ」と言う。

そのオヤジの年代ならば、戦争の悲惨さをぼくらよりもずっと知っているはずだ。家族を失った人たちをたくさん見ているだろうし、自分自身もその悲しみに沈んだ記憶があるかもしれない。

その記憶を、武力の行使とカネ儲けに変えて、奇妙だとも思わない。敗戦後60年間の「平和」で、戦争の悲惨さを忘れきった「ボケオヤジ」たち(当然ながら、同様のオバハンたちもいる)。

日本を臨戦態勢に持ち込もうとしている人たちの多くは、多少なりとも戦争の怖さを知っているはずの、そんなオヤジたち。政治家であれ、資本家であれ、武力の恐怖とそのむなしさを知っているはずなのに、日本を守るには「武力を持つしかない」と口にしてはばからない。

同じことを繰り返す、その準備をさせようというのか?
あまりの経済成長と、その間の平和さに、脳みその根幹からボケたとしか思えない。


敗戦のその日のことをぼくは知らない。しかし、多くの人が「もう死ななくてすむ」「家族を死なせなくてすむ」と思ったことは、実際に耳にして知っている。ときがたつにつれ、敗北感よりも解放感の方が大きくふくれあがったという話も聞いた。それは、理不尽な死というものがない世界の素晴らしさ、空から爆弾が降る恐怖におびえることもない自由の素晴らしさを多くの人が知ったということだろう。

そこにまた、「恐怖」の影を落とそうとする平和ボケのオヤジたち。もう、核抑止力がまかり通った冷戦時代じゃないのだ。根気強い会話でしか、平和を維持していくことはできない。


靖国神社に参拝した小泉さんも、平和にぼけたオヤジのひとり。日本の、アジアの、戦争で傷ついた人々の心を逆なでして、その痛みに思いをはせることができない哀れな人間。

戦争で犠牲になった人たちを悼むのならば、その手を合わせる先は靖国神社であるはずがない。本来、戊辰戦争でお上のために命を落とした兵士を慰霊するために明治になって建てられた、神社の世界の新参者。そこに、太平洋戦争で亡くなった主に軍人を「英霊」として、その家族の意向も無視し、力づくで合祀した。それが靖国。空襲で世を去った、そんな庶民はカミ様にはなっていない。

そんな神社に手を合わせて、さも「残った者の義務を果たした」という顔をするのならば、その足で千鳥ヶ淵の戦没者墓園へも参ったらどうだ。それでも、順序が逆だとは思うが。


平和ボケのオヤジたちは、自衛隊のイラク派兵期間を延長し、自衛隊を自衛軍と明記すべく憲法を変えようとしている。痛みを後世に残し、自分たちは平和を享受してこの世にサヨナラするのだ。


そんなオヤジたちに、「平和ボケ」なんて言われたくないね。


関連記事
スポンサーサイト

izumatsu先輩、ふたたび。

>敗戦のその日のことをぼくは知らない。しかし、多くの人が「もう死ななくてすむ」「家族を死なせなくてすむ」と思ったことは、実際に耳にして知っている。ときがたつにつれ、敗北感よりも解放感の方が大きくふくれあがったという話も聞いた。それは、理不尽な死というものがない世界の素晴らしさ、空から爆弾が降る恐怖におびえることもない自由の素晴らしさを多くの人が知ったということだろう。

夫や息子、友人たち、自分の愛する人たちが
戦争に関わるかもしれないなんて不安を抱く日が来るなんて、
12年前に子供が生まれたときには想像もしていなかった。
戦争をしたいと思っている人はいないはずなのに。
こんな日本になってしまったのはなぜなんだろう?

私はコスタリカの勉強をしているんだけどね、
元大統領夫人がこんな風に言っているの。
『コスタリカの女性は世界で一番素晴らしい贈り物を神様からもらっています。
それは男の子を産んで初めて胸に抱いたとき、
「この子は軍隊に行かなくていいのだ、
戦争で死ぬこともないのだ」と思えることです。
戦争というのは精神の貧困から生まれるものであり、
平和というのはロマンでも理想でもなく、
常に行って行かなくてはならない労働なのです。』

そうなんだよね、いつもいつも平和であり続けるように行動していないと
平和ボケの大きな声のオヤジたちに好きなように牛耳られてしまうんだね。
そうさせないために私たちが今できることは何なんだろう?

2005.10.17 19:00 URL | うるとびーず #79D/WHSg [ 編集 ]

★うるとびーずさん

>夫や息子、友人たち、自分の愛する人たちが
>戦争に関わるかもしれないなんて不安を抱く日が来るなんて、
>12年前に子供が生まれたときには想像もしていなかった。
>戦争をしたいと思っている人はいないはずなのに。
>こんな日本になってしまったのはなぜなんだろう?

なぜなんでしょうね?
痛い目にあっても忘れてしまうというのが不思議です。

>私はコスタリカの勉強をしているんだけどね、
>元大統領夫人がこんな風に言っているの。
>『コスタリカの女性は世界で一番素晴らしい贈り物を神様からもらっています。
>それは男の子を産んで初めて胸に抱いたとき、
>「この子は軍隊に行かなくていいのだ、
>戦争で死ぬこともないのだ」と思えることです。
>戦争というのは精神の貧困から生まれるものであり、
>平和というのはロマンでも理想でもなく、
>常に行って行かなくてはならない労働なのです。』

>そうなんだよね、いつもいつも平和であり続けるように行動していないと
>平和ボケの大きな声のオヤジたちに好きなように牛耳られてしまうんだね。
>そうさせないために私たちが今できることは何なんだろう?

即、できることは、「疑うこと」と「考えること」でしょうか。
座して考えても意味がないとも言いますが、何にも考えずに知らぬまにいいなりになってることは避けたいと思います。

2005.10.17 22:58 URL | izumatsu #79D/WHSg [ 編集 ]

小泉首相が靖国神社参拝の日に、私は鹿児島出張だったので、知覧へ行ってきました。
遺書のなかに「靖国で会おう」という文節がありました。
靖国問題、深いですね。
一度、靖国神社へ行ってみて、この問題のコメントしてみたいと思いました。

2005.10.18 21:56 URL | 修理屋マイスター #79D/WHSg [ 編集 ]

★修理屋マイスターさん

>小泉首相が靖国神社参拝の日に、私は鹿児島出張だったので、知覧へ行ってきました。
>遺書のなかに「靖国で会おう」という文節がありました。
>靖国問題、深いですね。
>一度、靖国神社へ行ってみて、この問題のコメントしてみたいと思いました。

知覧も靖国にも行ったことがありますが、個人的にはどちらも強烈な違和感を感じました。
マイスターさんはどう感じられるでしょうか。

靖国問題に関しては、「祀られている人への敬意」と、「首相の参拝問題」とを混同している人が多々います。
問題はどこにあるのか、それを自分自身で考えたいとぼくは思っています。

2005.10.19 08:38 URL | izumatsu #79D/WHSg [ 編集 ]

わたしの違和感としては、商業ベースで作られてる、あの敷地でしたね。
戦死された方々に失礼ではないかと感じました。
もっと、あの戦争は何だったのか、考えるだけのエリアにしてもらいたいですね。
修学旅行生の沢山の千羽鶴、この子達の時代にも、平和であればと祈念するばかりです。
ただ、隣国のキナクサイ活動に対しては、外交努力でしっかりしてもらいたい。
(外務省、今のままではダメだね・・・)
あとは、しっかりSELF DIFFENCEを守って活動して、これが各国のスタンダードになればと思ってます。
ただ、民族:宗教が違うと、ハイそうですかと言ってくれないのが、外交の難しさなんでしょうが、頑張らないとね。

2005.10.20 21:16 URL | 修理屋マイスター #79D/WHSg [ 編集 ]

★修理屋マイスターさん

>わたしの違和感としては、商業ベースで作られてる、あの敷地でしたね。
>戦死された方々に失礼ではないかと感じました。
>もっと、あの戦争は何だったのか、考えるだけのエリアにしてもらいたいですね。

いや、ほんと、そうですよ。
維持するためには費用がかかるでしょうけど、なにかを感じるためにもっと「静けさ」が欲しいですよね。

>隣国のキナクサイ活動に対しては、外交努力でしっかりしてもらいたい。
>(外務省、今のままではダメだね・・・)

戦争が終わってからずっと「なぁなぁ」にしていたツケだと思います。相手にどんな顔を見せたらいいのか、いまだに決まらない感じですもんね。

2005.10.20 23:06 URL | izumatsu #79D/WHSg [ 編集 ]

>根気強い会話でしか、平和を維持していくことはできない

その言葉をイラクや台湾の人々の前で言えるのかな?
38度線の兵士やパレスチナのテロリストに話し合いで解決しろと言ってみる?

それから靖国と自衛隊切り離して考えられないのかい?

2005.11.21 14:06 URL | ドリコス #79D/WHSg [ 編集 ]

★ドリコスさん

>>根気強い会話でしか、平和を維持していくことはできない

>その言葉をイラクや台湾の人々の前で言えるのかな?
>38度線の兵士やパレスチナのテロリストに話し合いで解決しろと言ってみる?

ぼく自身がそう言えるかどうか、正直自信はありません。
ですが、命のやりとりで平和が訪れるとは思いません。話し合いだけが、より平和に近づいて行く方法だと思います。

「平和」の意味がおわかりですか?

>それから靖国と自衛隊切り離して考えられないのかい?

考えられません。
自衛隊が自衛軍となったあかつき、海外の活動で殉職した兵士はどこへ祀られるでしょうか?
国民を国に奉仕する駒と化す、その有力な手段が「靖国神社」です。

あなたのような考えの持ち主の方に「平和ボケ」と呼ばれることは、ぼくのような考え方をする人間にとってはとても嬉しいことです。

ありがとうございました。

2005.11.21 15:52 URL | izumatsu #79D/WHSg [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://izumatsu.blog.fc2.com/tb.php/592-cc2f2f5b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。