番組構成師 [ izumatsu ] の部屋



ミックジャガー

・アーティスト=Mick Jagger / ミック・ジャガー

・日付=1988年3月22日

・場所=東京ドーム アリーナ C36列 61番


ミック・ジャガーの初来日公演。ストーンズよりも先にやってきてしまって、なんとなく役者が足りない感じのステージだったような記憶が・・・・・。

ミックはカゼをひいて、直前の大阪公演を延期していた。でも、この日は元気に登場。東京ドームはできたばかりで、ライブはこの日が初めてだった。つまり、こけら落としだったそうな。きょう、初めて知りました。

が、東京ドームのこけら落としライブとして認知されているのは、「美空ひばり 復活コンサート」らしい。ひばりさんの公演は1988年の4月11なので、ミックの方が早いのだけど・・・・・・・・ま、どうでもいっか。


ギターがジョー・サトリアーニで、ドラムはサイモン・フィリップス。ベースはダグ・ウィンビッシュだった(かな?)。テクニックは最高だけど、やっぱ、ストーンズの面々と比ぶべくもない。

サトリアーニは文句なくうまかった。だけど、スニーカーをはいた、小柄な少年のような彼は、当時すでにゾンビのごとき面相だったキースの不在を一層強調するようで、なんとなく気の毒だった。


  →  ジョー・サトリアーニ


席は、アリーナの、結構いいところ。が、ミックが登場するや、いきなり総立ち。この「いきなり総立ち」が、のちにぼくをライブから遠ざけることになるのだが、ま、ここではいいとして、座っていては見えんではないか!とこちらも立ち上がる。

前の列には小柄な女性がいて、まわりの男どもが立ち上がるもんだから、杉林の中のツクシみたいになってステージのミックどころか、なんにも見えない。しばらくその場でピョンピョン跳んでいたけど、それでもダメだったんだろう、クツのままイスの上に立ち、なおかつその上で飛び跳ねていた。

40代くらいに見えたその女性。ミックと同世代なのかもしれない。

長年待って待って待ち続けて、ようやくミックがやってきた。その姿を死んでも瞳の奥に焼き付けてやる! そんな勝手なストーリーをこちらにでっちあげさせるほどに気合いが入っていたっけ。

アリーナ席の一角に、ズボッとまったく人のいない部分があった。この公演はサントリーがスポンサー。きっと、営業関係であちこちに配ったんだろう。ストーンズのフロントマンのソロ公演、そのチケットも、興味のない人にはただの紙切れ。もったいないな~と思ったことだった。


この日のセットリストは下記の通り(らしい・・・・・。ネットで見つけました)。

 1.Honky Tonk Women
 2.Throwaway
 3.Bitch
 4.Let’s Spend The Night Together
 5.Beast Of Burden
 6.Tumbling Dice
 7.Miss You
 8.Ruby Tuesday
 9.Just Another Night
 10.War Baby
 11.Harlem Shuffle
 12.Say You Will
 13.Party Doll
   BAND INTRODUCTION
 14.You Can’t Always Get What You Want
 15.Radio Control
   DRUM SOLO~GUITAR SOLO
 16.Gimme Shelter
 17.Start Me Up
 18.Brown Sugar
 19.It’s Only Rock’n Roll
 20.Jumping Jack Flash
 21.Sympathy For The Devil
 22.(I Can't Get No)Satisfaction


改めて驚くのは、¥6,500也という、チケット代のリーズナブルさ。初来日&ソロ公演だったから、ミック側も多少の遠慮をしたのかしら?

でも、この来日でミックのギャラは、6公演で13億と言われていたっけ。

すごか~。


関連記事
スポンサーサイト















管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://izumatsu.blog.fc2.com/tb.php/683-2b469416