番組構成師 [ izumatsu ] の部屋

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |

きょう、4月20日は母の誕生日。
今年でいくつになるのだろうと数えたら、79歳。よくぞここまで長生きしたもんだ。

実の息子にしては冷たい言葉は、彼女が50代のころを知っているから。そのころの母は青息吐息。どこに持病を持っているというのではないけれど、とにかく生きるのがめちゃめちゃしんどいといった風情で、よく寝込んでいたし、たびたび病院にも行っていた。

それが60代になってから突然元気となり、まさか突入はしまいと思えていた70代へあっさり駆け上がり、今や80代の高見も手が届く。30年弱前の母を知る息子としては、やはり「よくぞここまで」というのが正直なところなのだ。

母の母、つまりぼくの祖母は30代前半に胃ガンで亡くなった。祖父も今から考えれば若い年代で亡くなっている。どちらも、ぼくが生まれるまでは生きながらえることができなかった。だから、ぼくは老人が家族にいる家庭を知らない。今は、実の母が老人として鎮座ましましているが。

母は占領下の朝鮮半島生まれで、今も半島の緑豊かな自然の地を自分の本当のふるさとだと感じているらしい。数年前から、韓国の知的障害孤児たちを自分の住む町に修学旅行という形で招き、地元の人たちとの交流をはかるというお世話をしている。その孤児たちの住む施設の園長が母の半島時代の友人なのだ。

竹島問題が持ち上がったとき、孤児たちの修学旅行は中止となった。日本側の意向なのか、韓国側の問題なのかはよく知らない。しかし、声をかけることがはばかられるほどに落胆した母の姿を見るのは忍びなかった。「そのうち、仲良くなるだろ」くらい言うのが不承の役立たず息子ができるせいぜいのことだ。


仲良くなる必要はない、共に尊重し合い、仲良くなろうという姿勢さえあれば。
今は、それも薄れつつある気がする。


母はさすがにあちこちガタがきて、月に一度は地方の大都市までひとり出かけ、病院巡りをしている。白内障の手術をした両目は、緑内障も患っている。先日は下り坂で足を痛め、しばらくは歩くこともままならなかった。

それでも、80に手が届くまで命を長らえることができたとは。
本人が一番驚いているに違いない。


自分が入る墓も準備した。
骨壺も知人の陶芸家に作ってもらい、床の間に置いてある。
葬儀のとき、お経を読むお坊さんも決めている。このお坊さんはぼくと同じ歳で、たまに我が家に見えると母は必ず「同じ歳でこんなに立派な人もいるのにねぇ」と言う。ぼくもそう思う。なにが違うんだろうね?

準備は数年前に整った。しかし、肝心の本人は、そろそろ再び青息吐息となりながらも、なにはともあれ元気に日々過ごしている。

緑内障の目玉も「亡くなるまではもちますよ」とお医者さんに太鼓判を押されたそうだし、ひとまずめでたい79回目の誕生日となった。

おめでとさん。


関連記事
スポンサーサイト

確かに、出来の悪い息子が、もうじき大台やもんね~!
当然、親は歳とるよな~。
骨壷の用意も、えらく昔から出来とったもんね。

そんだけの準備できとったら、心おきなく長生きできますやろ。

夏に遊びにいくから、相手してっていうといて!

2006.04.20 21:03 URL | ろくだよ #79D/WHSg [ 編集 ]

お母様のお誕生日、おめでとうございます。
私の母と同い年です。

私の母は大病を患いましたが、今は元気に暮らしています。
遠く離れていて、何の親孝行もしてあげられないもどかしさを感じています。

2006.04.20 21:05 URL | kei♪ #79D/WHSg [ 編集 ]

★ろくだよさん
>確かに、出来の悪い息子が、もうじき大台やもんね~!
>当然、親は歳とるよな~。

そやね~、信じられんけど歳はとるよね。

>骨壷の用意も、えらく昔から出来とったもんね。

うん、そのときはもうすぐ必要になると思ったんじゃなかろうか(笑)。

>そんだけの準備できとったら、心おきなく長生きできますやろ。
>夏に遊びにいくから、相手してっていうといて!

ほいほい、もう少しはこの世に留まりそうだから遊んでやっておくれ。


2006.04.21 08:58 URL | izumatsu #79D/WHSg [ 編集 ]

★kei♪さん

>お母様のお誕生日、おめでとうございます。
>私の母と同い年です。

ありがとうございます~。
現代では「長生き」とは言えない年齢だけど、やっぱよく生きてきたなぁと思いますね。

>私の母は大病を患いましたが、今は元気に暮らしています。
>遠く離れていて、何の親孝行もしてあげられないもどかしさを感じています。

離れているとそう感じますよね、きっと。
べったり身近にいると、親孝行という文字さえ頭に浮かばないから、ありゃ不思議?


2006.04.21 09:00 URL | izumatsu #79D/WHSg [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://izumatsu.blog.fc2.com/tb.php/773-0edd3ba8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。