番組構成師 [ izumatsu ] の部屋


ぶらりと家を出ると、田植えが始まっていた。そうか、きょうは土曜日。兼業農家の人たちは、勤め先が休みの日に田植えをするんだ。

ついこの間まで荒れていた田んぼが、土を掘り起こされ、ワラなどがすき込まれ、くろぐろと土の香りをさせ始めたと思ったら、数日前には水路に引き入れられた水が田んぼにはられた。こんな景色を見ると、やっぱ住むのはイナカかな、と思う。

田んぼ1水がはられた田んぼ。

田んぼ2田植機、大活躍。

田んぼ3実りの秋が楽しみ。


以前、熊本のある街で、棚田の一角を借りてロケをしたことがある。山の中腹から見下ろす棚田の景色はこの上もなく美しく、あぁ、いいところだなぁ・・・・・と、心がなごんだ。でも、面積が狭い棚田は耕耘機などを入れるのが難しく、田植えの大半は人力に頼らざるを得ないとか。ただでさえ高齢化している農家の人たちにとっては、「いいところだなぁ」では済ますことができない現実がある。

自然相手の農業は収入の目算が立てにくいし、会社勤務に比べて年収が低い上に安定しない。だから兼業農家だらけになって、「農業は二の次、趣味の世界」的になっていく。農業から離れていく人たちを責めるわけにはいかない。

でも、この景観が消えることがないようにするためには、どうすればいいのかな? 政府行政に「補助金を出せ!」と主張しても、“農業”という仕事に誇りを持てることにはならないだろうし。

ぼくらがもっとコメを食べるといいのかしらん? 考えてみたら、一日に茶碗一杯しかコメを食べてない。学生時代は一回に3合炊いて、全部食べてたのになぁ。でもそれは、おかずがなかったからかな。

忙しそうに田植えが行われている田んぼの、農道を隔てた反対側は荒れたまま。休耕田なんだろう。作物を作らないことでお金を得る。“農業”の置かれたつらい場所が、その荒れ地を見ると少しだけ分かる気がする。



関連記事
スポンサーサイト



減反や米価引下げで、お上の言う通りにすると大変なことになる。
わたしの本家も、農協離れしたようです。
ここにも競争の波が・・・・・・

2006.06.17 22:02 URL | 修理屋マイスター #79D/WHSg [ 編集 ]

そこで働かず眺めるだけの自分にとっては
いい眺め・・風景に見えます。
お宅の周囲にはこんな景色が広がっているんですね。

2006.06.18 12:39 URL | 赤い鳥幹事 #79D/WHSg [ 編集 ]

★修理屋マイスターさん

>減反や米価引下げで、お上の言う通りにすると大変なことになる。
>わたしの本家も、農協離れしたようです。
>ここにも競争の波が・・・・・・

あらら、農協も見放されつつありますか・・・。
「農業」ってメチャ大切なのに、商売にならないんじゃ話になりませんもんね。
心してメシを食べる日々です。

2006.06.18 21:21 URL | izumatsu #79D/WHSg [ 編集 ]

★赤い鳥幹事さん

>そこで働かず眺めるだけの自分にとっては
>いい眺め・・風景に見えます。
>お宅の周囲にはこんな景色が広がっているんですね。

そうなんですねぇ。
「人口10万間近!」なんて言ってますけど、イナカなんですよね、要するに。
海にも近いし(市としては海に面しております)エエとこですよ。

2006.06.18 21:22 URL | izumatsu #79D/WHSg [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://izumatsu.blog.fc2.com/tb.php/890-11e9937f