番組構成師 [ izumatsu ] の部屋



近くの田んぼの稲が色づき始めた。

色づき

見慣れた風景なので
「実るほど頭を垂れる稲穂かな」
っていうような実感はないのだけれど
はたと気がつくと
頭が重そうになった稲が風にゆらりゆらゆら。

はぁ、季節はやっぱり秋なのね。

なんてわずかな感傷にひたっていたら
近くの田んぼでは早くも稲刈り。

光陰矢のごとし。なんとなく、焦る。


秋の、積もった落ち葉の上を
歩きたいなぁ。

もう、何年も歩いてないや。


関連記事
スポンサーサイト



わ~~なんて素敵な風景。
心が癒やされます。
私の身近にこんな景色はないんですよ。

積もった落ち葉の上、私も歩きたいなぁ~~!

2006.09.22 20:43 URL | kei♪ #79D/WHSg [ 編集 ]

この時期、バイクのりには、トンボが大敵!
この様な風景は、20分も走ると至るとこに!
不即不離に、トンボの乱舞!
顔といわず、腕といわず、ぶつっかってきよる。
むかし、アンさんの家で、バッタの佃煮ムリヤリ口に入れられ、帰りに、バッタがメンたまに!
アレカラ、トラウマジャ~!

2006.09.22 21:40 URL | ろくです #79D/WHSg [ 編集 ]

★kei♪さん

>わ~~なんて素敵な風景。
>心が癒やされます。
>私の身近にこんな景色はないんですよ。

そっかぁ、都会ですもんね。
でも、海辺の公園はステキじゃないですか。

>積もった落ち葉の上、私も歩きたいなぁ~~!

昔々、イチョウの葉が積もった道を、はしゃぎながら歩いたものでした。
あぁ、遠い目になりまする~。


2006.09.22 22:19 URL | izumatsu #79D/WHSg [ 編集 ]

★ろくですさん

>この時期、バイクのりには、トンボが大敵!
>この様な風景は、20分も走ると至るとこに!
>不即不離に、トンボの乱舞!
>顔といわず、腕といわず、ぶつっかってきよる。

そうそう、赤トンボたちがたんまり飛んでおるんですわ。
でも、あれってかなり暑いころから飛んでないすか?

>むかし、アンさんの家で、バッタの佃煮ムリヤリ口に入れられ、帰りに、バッタがメンたまに!
>アレカラ、トラウマジャ~!

バッタじゃなか、イ・ナ・ゴ(って、同じようなもんか)。
帰りのバッタが口に入らずによござした。ナマじゃ食えんもんね。

2006.09.22 22:21 URL | izumatsu #79D/WHSg [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://izumatsu.blog.fc2.com/tb.php/979-f876eb8a