番組構成師 [ izumatsu ] の部屋


本やCDをネットで買うようになって、街中の書店やCDショップに行かなくなった。新刊本や新しいCDは amazon で仕入れるし、古本や中古CDは Yahoo オークション で買うことが多い。

オークションは「なんかないかな~?」という暇つぶしで覗き、気に入ったものがあれば入札するわけだけど、欲しい本が決まってて、オークションに出てない場合や急いで手に入れたいときは「 源氏 」を使う。全国の古書店をつないでいるので、新刊も絶版本も、大抵の書籍が手に入る。


    → 本を愛する人の総合サイト・スーパー源氏


今、覗いてみたら、「俳優・佐野史郎さんがスーパー源氏を推薦」とあったのにはちょっと笑った。いろんなところの情報をキャッチしなきゃ、認知度はあがっていかないもんね。


    → 佐野史郎さん 「 源氏 」 推薦の弁


で、そんなこんなでめったに行かない書店だけど、たま~に行くとバーチャルではない、実物としての書籍(というか、インクが載った紙)の圧倒的なボリュームに迫られ、思わず知らずあれやこれやと購入してしまう。

実物を手にするわけだから、パラパラなれども一応目を通し、「読みたい」と思った本だけを家に連れ帰るはずだけど、実際は大半が衝動買いみたいなもんだから、ぼくの机や本棚には書店の書棚にいたころそのままの姿でたたずんでいる本が多い。その「積ん読」率は、ネット経由で手に入れた本よりも高いんじゃないだろうか?

今も部屋の右壁に立つ本棚からは、「読め~、読め~、早く読め~」という声が聞こえる気がする。その声は、なぜか忙しくなると大きくなるのよね。わ~ん、無計画に連れてきてごめんよぉ。


あぁ、“読書の秋”って、なにかしら?

関連記事
スポンサーサイト















管理者にだけ表示

トラックバック URL↓
http://izumatsu.blog.fc2.com/tb.php/993-9c3da87f