番組構成師 [ izumatsu ] の部屋

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |

番組紹介

テレメンタリー
標的の村
~国に訴えられた沖縄・高江の住民たち~


その危険性が取りざたされているオスプレイ。
今年になっても事故が続きましたが、
日本政府も操縦ミスというアメリカ側の分析を
そのまま受け容れました。

今、岩国基地に駐留しているオスプレイ。
10月には沖縄 普天間基地に
配備されることとなりそうです。

軍事用ヘリ オスプレイは単に空を飛ぶだけではありません。
沖縄本島北部にある訓練場を中心に
戦争を想定した訓練をするのです。

空で行われる戦争のための訓練。
その真下に、高江(たかえ)という集落はあります。
ここに、訓練に向けて、新たに6つのヘリパッドが
建設されようとしています。

ベトナム戦争が行われていた時代、
この集落には「ベトナム村」と呼ばれる施設がありました。
ベトコン(アメリカ側の蔑称ですが…)の村を再現し
そこでゲリラ掃討作戦の訓練をしていたのです。
その「ベトナム村」には村民の役として
高江の住民がかり出されていました。

高江の人々は人を殺すための訓練で
標的とされていたのです。

その村に、なぜアメリカ軍は住民の反対を押し切り、
新たなヘリパッドを作ろうとするのか?
こう考える人々が増えています。

「ベトナム村と同じように、訓練には標的が必要さ」

あの頃はベトナムの村を模した映画のセットのようなもの。
しかし、ヘリパッドが新たに配備されようとしている現在、
高江という集落自体が戦争訓練の標的となっている。
その恐怖と憤りが
住民を反対行動へと駆り立てています。


詳しい内容は → こちら


* 制 作 *

琉球朝日放送


*放映局 および 日時*

テレビ朝日 09/03 月 27:18 - 27:48

北海道テレビ放送 09/08 土 25:30 - 26:00

青森朝日放送 09/03 月 25:48 - 26:18

岩手朝日テレビ 09/09 日 26:00 - 26:30

東日本放送 09/04 火 25:56 - 26:26

秋田朝日放送 09/08 土 25:55 - 26:25

山形テレビ 09/02 日 26:38 - 27:08

福島放送 09/03 月 25:55 - 26:25

新潟テレビ21 09/01 土 05:20 - 05:50

長野朝日放送 09/02 日 26:20 - 26:50

静岡朝日テレビ 09/03 月 26:25 - 26:55

北陸朝日放送 09/02 日 26:55 - 27:25

名古屋テレビ放送 09/08 土 05:20 - 05:50

朝日放送 09/01 土 06:00 - 06:30

広島ホームテレビ 09/03 月 25:51 - 26:21

山口朝日放送 09/03 月 25:43 - 26:13

瀬戸内海放送 09/02 日 26:25 - 26:55

愛媛朝日テレビ 09/08 土 26:00 - 26:30

九州朝日放送 09/09 日 25:25 - 25:55

長崎文化放送 09/03 月 25:55 - 26:25

熊本朝日放送 09/04 火 26:15 - 26:45

大分朝日放送 09/03 月 25:55 - 26:25

鹿児島放送 09/02 日 06:00 - 06:30

琉球朝日放送 09/02 日 26:10 - 26:40


銀座通りを1丁目から、昔の勤め先があった8丁目へと歩く。

ずいぶんとブランドショップが増えたねぇ。

三越のライオンが入り口へと引っ込んだのはいつ頃かな。4丁目の交差点に雄々しくうずくまっていたのに、これじゃ待ち合わせがしにくいね。

地下の映画館は今もあるんだね。ここで映画を見たことはないけど、通りを横切るかわりによく通ったね。珍しいのか、旅人なのか、若い男性が地下への入り口や映画館、反対側の飲み屋街などの写真を撮っている。



みゆき通りとの交差点に人だかり。みんな携帯を手にかざしてる。

なんだろ?

みゆき通りのネコ助01

近づくと、おやおや、通り名を刻した看板の上に鎮座してるのは・・・、

みゆき通りのネコ助02

銀座 ファッション・ストリートにネコ助さん。

首輪をしてるから飼い猫かな。

たくさんの人に見上げられても平然としているのは、怖いから? 登れそうもないけど、誰かに乗っけられたのかしらん。

「もう3時間くらいたつぞ」と、誰かの声。


8丁目まで行って戻るとネコ助さんはまだ看板の上に乗っていて、困惑気な表情の警官がふたり、見上げていた。

落とし物として、交番行き?





上野駅はとてもきれいになっていた。

新入社員のころ、上野駅の待合室で乗客を相手にアンケート調査をした。

「駅の改修に伴うなんたらかんたら」…内容はすっかり忘れたけど、女学生のバイトがアンケート用紙を片手に聞き取る形の調査だった。

ぼくの役目は何ヵ所かの待合室を回って、ちゃんと進んでいるかをチェックすること。

ま、楽な仕事…のハズだったんだけどねぇ。

アルバイトの女学生たちに、地廻りのようなチンピラ3、4人がからみ始めた。

と、言っても「いくつ~?」とか、「かわいい子ちゃ~ん」とか、「お茶しようぜ」とかの、たわいない声をかけてまとわりつくだけなんだけど、乗客はいやがるし、女の子たちは怖がるしで、仕事がちっとも進まない。

困ったね。

「すみませんが、やめてください」

こう言わなきゃねぇ、立場的に。今度はこっちがからまれることになるけどね。

「お前が責任者か?」

「そうですが」

「ほぉ、じゃ、お前は駅長か」

…話をするのもイヤになるね。

ねちねちからまれたのは10分くらいだけど、あんまりアホなんで、スネでも蹴りあげて逃げてやろうかと思ったな。

会社に忠誠を貫いたわけじゃないんだけどね。




そんな待合室があった中央口のコンコースでは、いわき市の物産展が開かれていた。

いわきは前日に会った友人のお母さんのふるさと。原発事故の風評被害で、農産物海産物は苦戦してるとか。

出来事は、起こる前には戻らない。

だったら、学ばなきゃ。慰安の日々を取り戻すためにね。



32年ぶりの邂逅も無事に終了。

翌日、茨城と福島の県境に近い集落へ、中学時代の友人を訪ねる。

会社を少し早めにリタイアした彼は、田舎暮らしがしたいと縁もゆかりもないこの地に奥さんと二人で移り住んだ。

築100年ほどの農家を借りてるが、あの大震災のときはアップライトピアノが踊り出すほどに揺れ、瓦や風呂の壁は落ち、とっても怖い思いをしたそうで、しばらくは庭にテントを張って生活していたとか。


夜は近くの居酒屋で奥さん共々呑みつつ話し、家に戻ってオリンピックを眺めつつ話し、そのまま布団にごろり。

目が覚めたときには、奥さんはすでにご出勤。

見送りもせずにすみません。


朝食は、飼っているニワトリが産んだ卵で、友人が目玉焼きを作ってくれた。

これも自家製のトマトが添えてある。

うまいね。


周囲は田んぼに囲まれて、夜は窓を開け放ち、網戸ごしに入る涼しい空気が心地よかった。

おじゃましました。

次はいつ会えるかな。




クラス会の会場は東京駅と有楽町駅の間、元都庁の跡地に建てられた東京国際フォーラムという、壮麗な建物の中。

ここに学生時代の友人が支配人を務めるビアレストランがある。

しかし、立派で広い建物だね~。東京駅から徒歩5分と書いてあったので歩いて来たけど、駅地下の蟻の巣のような通路でまず迷い、フォーラムに入ってからまた迷い、開始時間ギリギリに滑り込みセーフ。

仲の良かったヤツが幹事係で、ぼくの顔を見るなり「はい、会費5000円」と手をつき出す。

おいおい、32年ぶりの感慨は後回しかよ。


集まったのは11人。頭やお腹がしっかり中年になったオヤジたち、名刺交換から始まるのがなんとなく滑稽。会話のきっかけが必要だし、やっぱり所属は大切だもんね。

だれが、どんなところに就職したのかさっぱり知らなかったぼくは、おかげでみんなのこしかたがおぼろ気ながら見えた。

卒業してもうかなりな年月がたつので、中には転職を6回も7回も繰り返したヤツもいれば、この7月(つまりは今月)独立して自分のコンサルタント事務所を開いたヤツもいる。

いろいろだね。

そんな中、ぼくは自分の仕事内容を伝えるのにひと苦労。番組の構成係って認知度が低いな、ほんと。

次に全国放送がある際には「見てね」メールを出さねばね。

しかし、26時とか27時とか、「それ、何時?」っていう時間ばかりだからなぁ。見てって言いづらい時間帯なのがネックだな。


みんなでかくなったり、薄くなったり、シワシワになったり。

顔と名前が一致しないヤツもちらほら。ぼくらは第二外国語でクラス分けされていて、ぼくらスペイン語かを選んだのは人数が少なく、政治学科と経済学科、二つの学科が混じった55人のクラスだった。

やっぱり選択科目の関係もあって、同じ学科のヤツの方が馴染みが多いね。


見かけはそれぞれ年相応だけど、話すと中身は昔のまんま。

まぁ、それぞれに山も谷もあるんだろうけど、そんな話をしても楽しくないもんね。

みんなの記憶をジグソーパズルのように組み合わせていくと、当時の光景がクリアに見えて来るのが昔馴染みのヤツらと話す時の楽しみだ。

思い返すとバカな学生時代だったね。だから、楽しいんだけど。


出席者はほぼ全員、東京はじめ関東在住。九州くんだりからやって来たのはぼくだけ。だからそれだけは喝采を受けた。

いやいや、フライトはタダだから…。


次はもっと人数を増やして、来年の正月にやろう!と、盛り上がる。

それまでに、マイル、貯まるかなぁ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。